みなさん。アカモクってご存知ですか!?
これはシンデレラのような物語です。

東北などでは馴染みのある食材だそうですが、
ここ山口では、近年まで「海のごみ」と言われていたそうです。

大きくなると、7mにもなるこの海藻アカモクは、
漁師から船のスクリューに巻き付いたり大変迷惑がられる海藻でしたが、

このアカモクの飛びぬけた栄養素に注目が集まり、
山口県の海の台所「長門・北浦」の新しいブランドとなろうとしています。

今までは、海のゴミともいわれた、この海藻アカモク。

水揚げして、カニやエビなどを除去し、湯通しし、刻みます。ネバネバ感が半端ない!!

このネバネバに秘密があり、昨今たいへん注目を受け入ている「フコダイン」が大量に含まれています。

モズクの倍の量です。

フコダインは、免疫力を強化する効果があると医療業界でも注目を集めています。

そして、もうひとつ!!

抗肥満作用の「フコキサンチン」の量も半端ないです!!

このように、今まで海のゴミと言われた海藻アカモクは、

実は、とんでもない自然治癒力を高める食材だったんです。

で・・・肝心のお味は!???

いざ実食。

直球に、卵かけごはんに、納豆の要領で、しょうゆをかけ食べましたが・・・

子供たち・・

「おいしい!!!」
「毎日たべたい!!!!」

とのことでした。

北浦の漁師の上田さんは、同じアカモクでも、

特に良質のアカモクだけを収穫してます‼️

そこがまたレベルの違い‼️

うどんに入れても、味噌汁に入れても、酢の物にしても、とろろをイメージしていただければと。

正直、ぶちうまいです!!

即、てしま旅館の朝食に採用しました。

まさに、シンデレラストーリーのアカモク。大ブレイク間違え無しです。

山口県では、丸久グループ(アルク・サンマートなど)で好評発売中です。
是非、みなさまの毎朝の食卓に。大人も子供も健康生活です。