このポンカン異常にうまい!【玉津ポンカン!!】のうまさの秘密。

10

このポンカン異常にうまい!【玉津ポンカン!!】のうまさの秘密。

01

柑橘は普通に好き程度でしたが、この玉津ポンカンは「これは旨い!!」と言える珠玉の一玉でした。。。
いままで食べてきたポンカンは、どこかパサついた触感がありましたが、玉津ポンカンは恵まれた環境と生産者の情熱で、こうまで美味しくなるとは。。。

袋ごと食べられ、プリプリな触感!!ジューシーな甘味と香り!!
そして絶妙な酸味。

う・・・うまい。。。

この味を出すには、秘密がありました。

02

【愛媛県は柑橘200年の歴史!!】

【命がけ】傾斜45度!!

生産者さんの一言です。
玉津の柑橘は、崖で育ちます。なので、どの品種も旨い!!
(写真は玉津のみかん)

ま~大げさなと、思っていましたが、
実際に行ってみると、とんでもなく崖すぎて、ほんとに身の危険を感じました。。。

スパイク足袋で万全で望むそうです。

03

ここまでして、この環境で育てるのは大きな理由があって、

①太陽の直射日光!!
②海の反射光!!
③潮風に含まれるミネラル!!

そして、土壌のよさ。
石灰土壌の為、水捌けがよく
果実に余分な雨水を与えない為、
しっかりと大地から栄養を吸い上げてます。

この絶妙なバランスが整うことで、甘さと旨みがグン!!と伸びるのです。

04

玉津ポンカンは、収穫後、約一か月「酸抜き」を行います。
その一か月で、カサが落ちるので、g単価で考えると損失ですが、

美味しいポンカンを食べてもらうために、一切の妥協がありませんでした。

05

生産者が吟味したポンカンを、さらにJAえひめ南(玉津共選場)で、一玉づつ人の手で品質チェックするのですが、
驚きは・・・

06

糖度を測定する自動センサー!!
ここで、しっかりと甘みが乗っている事とを確認します。

07

普段何気に美味しいと思っている柑橘。

その中でも玉津ポンカンは、
突出した環境下と、
命をかけた生産者の情熱。
そして、美味しい基準をしっかりと管理したJAえひめ南(玉津共選場)

すべての連携が成り立って生まれる一玉なんですね。。。

08

玉津共選長と丸久グループ長尾部長との美味しさの熱い語り合い。

共選長は握りしめただけで、その美味しさが判るそうです。

09

ポンカンには、なぜか学ラン。
柑橘好きの息子が、みかんとの区別もつかずにつかずに食べた一言・・・

10

・・・

11

なにこれ!!ぶち旨い!!

それが「玉津のポンカンよ!!」

12

今日からマルキューグループ全店で販売開始ます!!
季節の味覚と、情熱を是非味わってください!!
数に限りがありますので、急がれた方がいいです!!

この感動を多くの方にシェアしてください!!