父の日に絶対喜ばれる てしま旅館のふぐギフト 全国発送!!

父の日に!てしま旅館の味をご自宅でお愉しみ下さい!!

父の日に!てしま旅館の味『ふぐギフト』

※6/16(土)、6/17(日)の父の日に合わせての発送となります。

てしま旅館の『ふぐ』

創業46年。てしま旅館は、山口県にたたずむ僅か6室のお宿です。
観光地には相応しくない立地でありながら、冬になると国内外から多くのお客様が『ふく』を求めてご来館頂いています。

『ふく』!?

本場下関では、『ふぐ』ではなく『ふく』と呼び、その字のごとく福を招くと言われます。

毎年、冬になるとてしま旅館のふくを求めにリピーターさんが来られますが、
てしま旅館のふぐ懐石ははどのような流れで出来上がるかと言うと、

1日目 朝5時

『ふくの聖地』唐戸市場で水揚げから始まります。

すぐに、その場で『身欠き』と言い、ふくを捌いていき、
身とアラにして、翌日てしま旅館に到着します。

2日目

てしま旅館に届く身を、清潔な『さらし』を使用し、ふくの身を締めながらキツキツに巻いていきます。
そして、重石を乗せ熟成に入ります。

この工程が、ふぐの旨味を引き上げるうえで一番重要な工程です。
しっかり余分な水分を取り除き、しっかり寝かします。

3日目

『さらし』を巻替え、さらに寝かします。
この頃になると、
ふくの身は、タンパク質が分解され、アミノ酸が増え軟らかくなります。
その時点が、うまみ成分の『イノシン酸』の最大値なのです。

普通の魚では味わえない
牛肉と同じような繊維質の身質だからこそ熟成が必要なんですね。

4日目

いよいよ、番頭自ら鉄刺に。
てしま旅館のふく刺しは、ボリューム満点ですので、ご来館のお客様は、
これが出た時点で満足頂けます!!

そして、ご自宅まで発送いたします。

てしま旅館ふぐギフト

  • とらふぐ刺身
  • とらふぐちり
  • とらふぐ皮湯引き
  • 干しひれ(ひれ酒用)
  • ふくふくぽんず
  • もみじおろし
  • 刻み葱
  • すだち
  • 調理レシピ
ふくが皆様のご家庭に届くまでに、ここまで工程を踏んだ魚がいままであったでしょうか!?この時間こそが美味しさの秘密で命です。
冷凍してしまうと、この味や、粘り、弾力ある触感は失われてしまいます。てしま旅館では、ふくを引ける人間は私、番頭しかいませんので、1日10皿しか引けません。なので、沢山のご注文に応じることも出来ませんが、丁寧に、しっかり味わい深いふくをお送りします。

鉄刺だけではありません、ふくは脇役が大事です。
セットには以下の内容が含まれます。

その中でも際立つのが下関産「安岡ねぎ」です。
ふぐを美味しく食べるには、欠かせないものがあります。それが「ねぎ」です。それも、下関市安岡のねぎに限ります。
安岡のねぎは、豊臣秀吉による「ふぐ禁止令」が、伊藤博文により山口県下関で解かれて以来、ふぐの薬味として、安岡で改良生産し続けてきました。
「極細でやわらかく、豊潤でくせのないその味わいは、ふぐを引き立たす名脇役です。」安岡ねぎを、寸切りにして、ふぐで巻いてお召し上がりください。

身皮とは、ふぐを3枚におろし、その身の表面を、薄く包丁で切り落としたものです。刺身にするには固いので、てしま旅館では、この身皮を、自家製のうにたれで、焼いて食べていただきます。
このたれも、山口の名品の一つである、「下関の練うに」「地元のはちみつ」「しょうゆ」「にんにく」など、様々な調味料で作った秘伝のたれです。このたれをつけて、身皮を炒めるだけ、とても美味しい一品に生まれ変わります。

鍋用の「とらふぐの身とあら」をたっぷり!!入れています。
量がとても多いので、半分は揚げ物に使っても大丈夫です。
鍋野菜は、含まれていませんが、てしま旅館では、白菜・長ネギ・しめじ・しいたけ・えのき・春菊・椎茸を使用します。食べ方には順序があり、
先に昆布出汁に、身を入れます。そして火が通ると、まずは身だけポン酢と食べます。そして、身が無くなったら、そのふぐエキスがたっぷり入った、鍋に野菜を入れて食べます。
ふぐの仄かな旨みが、野菜に染渡り、格別な美味しさに生まれ変わります。

とらふぐのヒレと、美味しいヒレ酒のレシピ
も同封してます。
熱した日本酒に、マッチで火をつけると、「ぼっ!!」っと。
てしま旅館では、アツアツのひれ酒に、鉄刺をいれて、「ひれ酒しゃぶしゃぶ」としても好評です。

鍋の後には、ふくと、野菜からたっぷり旨味が残った出汁が出来ています。
ここにご飯を入れ、(付属の山口県長門の天然塩)を入れます。
最後に溶き卵を入れ出来上がりです。
味付けはシンプルなのですが、こちらに、鍋の際に使用したポン酢を少し垂らしながら食べるのが通の食べ方なのです。

お客様の声

とにもかくにも、お料理は絶品でした。
こんな美味しい物をつくることが出来たなんて!!?
4?年間生きてきた中で最高の食事だったと言っても過言ではありません。
老夫婦会の新年会として利用させていただきました。
口コミ情報が好評だったので決めたのですが、うわさ通りの良い宿でした。
料理が出るたびに妻は「美味しい」「美味しい」の連発でした。
料理の一品・一品に「おもてなしの心」が伝わってくるように感じました。
酒もうまかったし、大満足の新年会となりました。
帰り際に車が霜で真っ白になっていて、暖機運転で溶けるのを待っていた時、水かお湯か分かりませんが。車にかけていただき、すぐに出かけることが出来ました。
玄関からは車が見えないところにあったにも関わらずの気配り、本当にありがとうございました。

本当の事をお話すれば、是非てしま旅館にお越しいただきたいですが、

なかなか遠い・・・

ですし、関西より上ですと山口までの交通費が「ふぐ懐石」を超えてしまいます!!

また一番旅館として難しいことは、旅館の空状況と、お客様の時間のタイミングです。

もちろん2名様以上のご予約の場合は、相手様のスケジュールも影響してきます。

ですので、私たちは、てしま旅館の思いを伝えるための手段の一つとして、「ふくふくはこ」を発送いたします。

是非、この機会に本物の『ふく』の美味しさを体験して下さい!!

父の日に!てしま旅館の味をご自宅でお愉しみ下さい!!

父の日に!てしま旅館の味『ふぐギフト』

6/16(土)、6/17(日)の父の日に合わせての発送となります。
価格は全て税込表示です。
送料は別途発生致します。